妊婦に必要な葉酸

妊婦になると、やっぱりお腹の赤ちゃん中心に、いろいろなことを考えるようになります。
できるだけ赤ちゃんが健康で元気に、そして最悪なことがないようにお腹の中で育てていくことになります。
そんなときに厚生労働省でも勧めている葉酸をしっかり摂るようにしましょう。

葉酸はビタミンB郡の一つですが、造血になくてはならない栄養素です。
そして細胞分裂をしてDNAの書き換えが行われるときに、間違った書き換えを起こさないための成分でもあります。
細胞分裂による間違ったDNAによって卵子や精子がつくられると障害になります。
そのため妊娠前から葉酸はとても重要なビタミンと言われています。

妊娠すると今度は栄養素を赤ちゃんにしっかり届けるためにも葉酸は必要になります。
特に葉酸と亜鉛、鉄分、ビタミン12やビタミン6やカルシウムなどを十分摂ることが必要になります。
ママから赤ちゃんに血液というかたちで栄養素が流れていきますが、その血液をつくるために重要な成分が葉酸なのです。

また赤ちゃん自身も臓器をつくったり、脳をつくったり、細胞分裂をすごいスピードで行うようになります。
そのときにもこの葉酸は欠かせないものなのです。
できるだけ不足しないようにしなくてはなりませんが、食べ物からはとても摂りにくい成分なので、サプリでも摂るようにと言われています。

最近は葉酸と他に、上に挙げた造血に必要な成分が一つのサプリにすべて入っている製品もたくさん出回っています。
また授乳期にも葉酸は重要なので、授乳期が終るまでは葉酸は特に意識して摂るようにしましょう。


■特別外部リンク
妊婦でも安心して飲めるハーブティーをドイツから輸入して販売している通販サイトです >> 妊婦用ハーブティー

Copyright © 2014 妊婦さんになったら気を付けること All Rights Reserved.